海津市社会福祉協議会 ふだんのくらしをしあわせに
トップページ サイトマップ お問合せ
お年寄りのために
障がい者のために
子どものために
まちづくりをしよう
こまったときは
TOP > 児童発達支援事業
児童デイサービス事業

児童発達支援事業所“みらい”
児童発達支援事業所とは

 海津市から委託を受けて、海津市社会福祉協議会が運営する就学前のお子さんの支援を
する施設です。
 心や身体の障がい、発達の遅れがあるために、本来の力を十分に発揮できないこどもたちの
健やかな成長を願い、その問題や障がいを改善するために、個々のケースに応じた支援をしていきます。


ご利用の手順
 相談(発達支援センターくるみ)
          ↓
        申込み
          ↓
      利用計画案作成
          ↓
       契約・手続き
          ↓
        療育開始
対象児
 ◎ことばがうまく伝えられない子
 ◎発音不明瞭な子
 ◎心身の発達に遅れがみられる子
 ◎情緒や行動面が気になる子
   ・視線があいにくく、やり取りの難しい子
   ・落ち着きがなく、よく動く子
指導方針
  ひとりひとりの子どもの状態を把握し、いろいろな遊びを通して共感し楽しみながら、幼児の全体的な発達を促すための指導を行います。また、愛情をもって温かいまなざしで子育てができるように、家族支援にも力を注いでいます。
 家族や保育園・幼稚園・医療機関等との連携を密にし、療育の一貫性が図れるように、そして幼児・保護者にとってよりよい環境づくりに努めます。
  指導の内容
 
◎たくさんお話したいという意欲を育てる。
◎ことばの理解を高める。
◎基本的な生活習慣を身につける。
◎正しい発音の方法を練習する。
◎運動能力を高める。(全身運動・手先の運動・協調運動)
◎感覚を育てる。(見る力・聞く力・触れて感じる力)
◎状況を予測したり、判断したり、解決したりする力がつくられるような体験をする。
◎情緒の安定をはかる。
◎気持ちの安定する環境の中で、生活していくことができるよう保護者との懇談を行う。

  指導の形態
  ◎週1〜2回の個別指導を行います。
◎個別指導は、1回につき1時間行い、終了後、保護者との懇談を行います。
◎必要に応じてペア指導・小人数でのグループ指導を行います。

通園のお願い
 ◎ 指定された時間を守り、原則として保護者同伴にて通園してください。
 ◎ 都合により休む時、遅れる時は、前もって連絡してください。(保護者・通園時の都合により欠席される場合は、原則として指導日の振り替えはありません)
 ◎ 保育園、幼稚園に在園している場合は、児童発達支援事業所に通園する旨を連絡しておいてください。

お問合せ

 ◆児童発達支援事業  みらい
   海津市海津町高須517番地の1 総合福祉会館ひまわり内
   電話(0584)53−2181
前のページに戻る